リビックトップ
会社案内
株式会社リビックが販売する理容・美容用品のオンラインストア。
リビック オンラインストア
お支払い・配送について 特定商取引法に基づく表記 お問い合わせ カートの中
  TOPへ 男性用化粧品 女性用化粧品 男女共用化粧品 その他小物  
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
の色は休業日
土日・祝日は定日です。


休業日のお知らせ
2017年10月2日〜3日
棚卸しのため休業とさせていただきます。ご注文、お問い合わせは2017年10月4日よりご対応させていただきます。

リビック
モバイルストア QRコード


http://www.ribic.co.jp/store/m/ 

 

運営者の紹介
ショップの名称 理容美容業務用商品のオンラインショップ - リビック -
ショップの概要 理容院・美容院で使われる業務用商品の販売。
プロが使う商品をあなたに・・・
店主の名前 吉川 俊也
所在地 〒577-0013
大阪府東大阪市長田中2丁目2番36号
TEL 06-6746-0111
FAX 06-6746-2611
ショップから一言

特定商取引法に基づく表示
販売業者 株式会社リビック
運営統括責任者 吉川 俊也
所在地 〒577-0013
大阪府東大阪市長田中2丁目2番36号
電話番号 06-6746-0111
代金以外の必要料金 送料・代金引換手数料・口座振込手数料
申込の有効期限 ご注文確定後7日間
不良品について 商品の初期不良・運送時の破損・商品違い等、当店の責任となる場合、着払い返送を受けた後に良品と交換または返金等お客様と相談の上対処致します。 ※まずはメールにてご連絡下さい。
商品の引渡し時期 ご注文日より4営業日内(欠品時はメールにてご連絡致します。)
お支払方法 代金引換・銀行振込・郵便振替
お支払期限 ご注文後5日以内
返品条件 未開封・未使用品・商品の初期不良・運送時の破損・商品違い等の場合は返品可能。
※まずはメールにてお問い合わせ下さい。
返品期限 お客様方へ着荷後7日間
返品送料 当店の責任の場合は当店負担。お客様都合での返品の場合はお客様負担。
免許等の表示
その他

個人情報保護のための行動指針
株式会社リビックは、個人情報の保護の重要性に鑑み、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令・ガイドライン等を遵守して、個人情報を適正に取扱うとともに、適切な安全管理を講じます。

当社は、個人情報の取扱いが適正に行われるように従業員への教育・指導を徹底し、適正な取扱いが行われるよう取組んでまいります。
又、個人情報の取扱いに関する苦情・ご相談に迅速にご対応し、当社の個人情報の取扱いおよび適切な安全管理について、適宜見直し、改善いたします。

■個人情報の取得
株式会社リビックは、業務上必要な範囲内で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得します。

■個人情報の利用目的
株式会社リビックは、運営業務により取得した個人情報を、当該業務の遂行に必要な範囲内で利用します。それら以外の他の目的に利用することはありません。
株式会社リビックにおける具体的な個人情報の利用目的は次のとおりです。
・株式会社リビックが運営業務およびこれらに付帯・関連するサービスの提供
上記の利用目的を変更する場合には、その内容をご本人に対し、原則として書面などにより通知し、または株式会社リビックのWEBサイト[ http://www.ribic.co.jp/ ]等により公表します。

■個人データの安全管理措置
株式会社リビックは、取扱う個人データの漏えい、滅失またはき損の防止その他の個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程等の整備および実施体制の整備等、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、利用目的の達成に必要とされる正確性・最新性を確保するために適切な措置を講じています。

■個人データの第三者への提供
株式会社リビックは、個人データを第三者に提供するにあたり、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者に個人データを提供しません。
1,法令に基づく場合
2,人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
3,公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要があるとき
4,国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

■個人情報保護法に基づく保有個人データの開示、訂正、利用停止等
個人情報保護法に基づく保有個人データに関する開示、訂正等または利用停止等に関するご請求があった場合は、事業の支障をきたさない範囲において、誠実に対応いたします。